メニュー
新宿駅前クリニックなどの性病科の口コミ・評判NAVI > 陰部のかゆみの口コミ

陰部のかゆみ【かゆみを放置しないことが大切】

わとそんさん 20代 男性
★★★★★

数年前に陰部に強いかゆみを覚えたことがありました。
お風呂上がりではさほど気にならないかゆみでしたが、夕方にかけてとてもかゆみがつよくなりました。
性行為を直近で行った訳ではありませんでしたので、性病ではないとは思っていましたが、気になりましたのでクリニックに行ってみることにしました。
先ほど申し上げました通り性病ではないと考え、近くにあった皮膚科のクリニックへと足を運び、診察を受けることになりました。

診察を受けたクリニックの先生は男の先生でとても安心しました。
以前お尻のかゆみで行った時は女性の先生で恥ずかしい思いをしたため、同性であることはとてもありがたかったです。
このような類のかゆみは性病にもなり得るかゆみであったと言う事でしたが、今回はそのような性感染のかゆみではなく、乾燥とボディソープの洗浄力が強かったことによるかゆみであると言うことでした。
その診断結果を聞いて、一先ずほっとはしましたが、このような状態で性感染症を起こすととても大変なことになるとも言われましたので、注意をしようと思いました。
ビタミン剤とヒアルロン酸?の軟膏をもらって様子を見て下さいと言うことでしたが、1週間ほどで良くなりました。
皆さんももし陰部のかゆみを覚えましたら、最寄りのクリニックへ行き、診断を受けられることをおすすめします。

>> もっと見る

陰部のかゆみ:ばい菌により感染がおこることも

雑貨さん 20代 男性
★★★★

高校一年生の時に陰部にかゆみと痛みがあったのでインターネットで検索しました。
怖いことばかり書かれていたために、近くにあるクリニックで診察することを決めたのです。
歩くとすぐに痛みを感じることや、全体的に赤く腫れあがっていることから動くことができませんでした。
何をすれば良いのか対処方法もわからなかったためクリニックに行きました。
恥ずかしいことであったため、親には言うことができず一人で診察しに行きました。

ばい菌による感染だとの説明を受けました。
飲み薬は出されず、塗り薬を出されました。
初めての経験であったので恥ずかしかったのですが、医者からは誰でも起きることとの説明を受けたので安心した記憶があります。
陰部を出して診察しましたが、看護師さんも配慮してくれたため医者との一対一で診察してくれました。
診察時間は1分ほどであったことや、症状が重くなかったこともあり通院する必要はないとのことです。
また同じような症状が起きた場合には安静をしていれば自然に治ることの説明もしてくださったので安心することができました。
その後同じような陰部のかゆみと痛みの症状は一切なく、なぜばい菌の感染が起きたのか今でもわかりません。

>> もっと見る

陰部のかゆみ:かゆみも治った

歯痒い耳たぶさん 20代 男性
★★★★★

普段から運動をして全身に汗をかくことがあります。
あせもができてそれがかゆいのには慣れ始めていました。
しかし陰部となるとあせもとは別で初めてのことでした。
痒みはかなり強く、何をしても集中できないレベルでした。
痒いのでかいたら炎症をおこしたようで痛くなりました。
裸になって見てみると皮が剥けていてボロボロと落ちてきます。
あせもではなく皮膚の病気かと思い志渋った結果、市民病院に行ってみてもらうことにしました。

当時の私は10代後半に差し掛かったくらいで、人によっては子供に扱われたり、大人に扱われたりする微妙な年齢でした。
そんな年齢の私を診察したのは40歳くらいの女性の先生でした。
母親よりも少し若いくらいの先生で陰部を見せるのは恥ずかしかったです。
しかし、患部をみてもらわないわけにはいかないので見せることにしました。
当時のパンツの柄もテレビアニメのものでそれも含めて恥ずかしかったです。

聞けばそこまで大変な症状でもなく、チューブに入ったジェル状の薬を一日に数回塗れば痒みが治まり完治すると言われました。
もらった薬を一週間ほど塗っていると陰部の痒みのなくなり、皮膚も通常のものに戻っていきました。
これを見て大変安心しました。
恥ずかしい想いをしただけの効果がありました。

>> もっと見る

陰部のかゆみ:症状が出てからでは遅い

ごるくんさん 30代 男性
★★★★★

最初の症状としてしは、陰部(陰嚢)に軽い痒みという違和感を感じました。
1週間ほど様子をみていましたが、症状は悪化し、無意識のうちに掻きむしるようになっていました。
心当たりはゼロではなかったので性病の可能性もあるのではないかと思いましたが、性病で病院に受診するのも恥ずかしいという気持ちがありました。
しかし、症状が改善しないまま過ごすのは苦痛に感じ、意を決して泌尿器科のあるクリニックに受診することにしました。

問診のあと診察を受け、性病に関する検査を受けました。
ドキドキしながら結果まで時間を待ってたのをよく覚えています。検査の結果は性病ではありませんでした。

診断としては、陰部の皮膚掻痒症と言われました。
この病気は主に、感想などが原因とのことで対策としては、保湿クリームなどを塗ってあり陰部を清潔に保つようにと言われました。
薬はワセリンの入った保湿軟膏と、かゆみに効くステロイドの入った軟膏を処方されました。
私は、陰部のトラブルは初めての経験でしたので、性病では無いのかと一人で焦っていました。
今回は、幸いにも性病ではありませんでしたが、このように症状が出たら万が一ということもあるので、早く病院に行くことを強く感じました。

>> もっと見る

陰部のかゆみの口コミ

やっくみーさん 20代 男性
★★★★★

高校時代陰部が非常に痒く、2人と性交渉をした経験があったため、性病にかかったかと思い、近くの泌尿器科を受診いたしました。
見た目がかきすぎて赤くなり、更に陰毛の根元が白くなっていました。
しかし、みてもらったところ、新陳代謝がよく、汗をかきやすい性質であっため、インキンタムシというよく男性がなる病気だといわれました。
これは汗がたまり、お風呂にはいらなかったり、性行為後その日のうちにお風呂に入らないなどした場合等、様々な要因から菌が付着し、かゆくなると言われました。
当時お付き合いさせて頂いていた女性が陰部がかゆくなるといっていたので、もしかしたら、インキンタムシをうつしてしまったのかと思いましたが、当時の彼女が産婦人科に受診しましたが、結果特になんともないと言われました。
ほっとしましたが、誤診でやはり写してしまっていたら申し訳ないなと思う次第です。。

絶対に受診した方が良いと思います。
インキンタムシは、非常に痒く薬が必要です。今ではそれ用の特効薬の薬が市販薬で多く販売されていますが、やはり医者から処方された薬の方が安心して使えますし、早く治るかと思います。
陰部は男女共にとてもデリケートな場所なので、一刻も早く治されることがよいと思います。
そして、性病ではないという診断をうけると、安心して暮らせると思います。
そして、今後何かあったとき頼りになるところがあると、良いと思います。
私がかかったところが医師が男性、看護師の方が女性だったので、看護師の方に陰部を見せつけるのがなんとも嫌な気持ちでしたが、しょうがないと開き直り、診断してもらいました。
露出狂でない限り男性でも抵抗があると思いますが、何かあってからでは遅いので、気になることがあれば絶対診察されることをおすすめいたします。
先生も看護師の方も淡々と診察されていて、特に恥ずかしいことはありませんでした。

top