メニュー
新宿駅前クリニックの性病科の口コミ・評判NAVI > 性病の口コミ > 性病の口コミ

性病の口コミ

gさんさん 30代 男性
★★★★★

友人の紹介で出会った大学生と関係を持った一週間後くらいから、排尿後の違和感が出始めました。
最初は何だろうと思っていたのですが、次第に尿道自体がチクチクと痛み出し排尿時にはかなりの痛みを伴うようになりました。
座っていても立っていても尿道の奥に違和感が常にある状態で、最初は石ができたのかと思いました。
さらに数日すると、尿の色もなんだか茶色っぽいというか血が混じっているような色になってきたので怖くなって泌尿器科を受診しました。

泌尿器科に行って、問診票に症状と表れ始めた時期を記入して待つこと数分。
診察室に呼ばれました。椅子に座って先生が卓上カレンダーを取り出して一言です。
「はい、ここからここまでの期間に女性と性交渉しました?」
例の大学生とそうなった時期とバッチリ当てはまります。
さらに先生は男性器を断面に割った模型を取り出してきました。
「ここに菌が付着して炎症を起こしてるからおしっこしたら痛いのね。放っておいたらうみとか血が出だすから薬飲んで治しましょう。その間、女性とエッチしちゃだめですよ」
ざっくばらんに言われてしまいました。
診断結果はクラミジア感染症。全治2週間ということでした。
一見健康な男性が泌尿器科に来るのは性病が多いのか、説明がとても丁寧でわかりやすかったのが印象的です。

こうたさん 30代 男性
★★★★★

出張先のホテルでデリヘルを利用した約1週間後、性器に痛みを感じて普通に仕事をしていても辛いほどでした。
排尿時には特に激痛が走り、さすがに我慢ができないほどでありましたので病院で調べてみようと決意しました。
痛みを感じた時点で性器の先の部分が赤く腫れているように見受けられましたので、おそらくは性病ではないかと思っていましたが、病院で診察を受けるとなると恥ずかしいという思いが強くあり、自然に治らないものかと我慢して2日ほど過ごしていました。
しかし、痛みが酷くなる一方でしたので病院にかかることにしました。

病院は泌尿器科をネットで調べて近所にあるところを選びました。
診察室に入って症状を伝えると早速患部を見せてくださいという流れになりました。
しかも驚いたことに男性医師だけではなく隣に40代ほどの女性看護師がいる状態で確認しようとします。
かなり抵抗ありましたが、もう観念してズボンを脱ぎました。
ゴム手袋のようなものを付けて医師は性器に触れて「うん。わかりました」と一言。
ズボンを履いてすぐに聞かれたのが「不特定多数の人と性行為がありましたか?」と聞かれました。
完全に見透かされているような印象でしたので「はい少し」と答えると、「これは淋病ですね。薬出しておきますので数日で治りますよ」と言われました。
診察はとても恥ずかしかったですが、痛みが治まるのであればそれには変えられないという気持ちが強かったです。
薬を飲んで本当に3日ほどで痛みと腫れは消えました。我慢せずに早く診察を受けるべきだったとも思いました。

top